おもしろ厳選記事入口

ドラム始まりドラム終わりの極地LUNA SEA『CIVILIZE』

Perfume新曲TOKYO GIRLは入りと終わりがドラムとなっています。

これはなかなか評判が良い構成だと思います。

ところで、曲調は全然違いますが、僕はこの構成で思い出す曲が一つあります。

それは、LUNA SEAの『MOTHER』というすごく良いアルバムに入っている『CIVILIZE』という曲です。

Civilize
LUNA SEA
¥ 250

SUGIZO原曲で彼の天才らしさがあふれた、異常な曲です。確か、シンメトリーだとかいう仮タイトルがあったはずで・・・なんと曲全体がシンメトリーになっているという噂の曲です。

中央に位置するのはSUGIZOのギターソロ(キョイーンてやつ)で、サビではINORANが真逆のイメージを醸すクリアできらめきのあるギターを奏でるという変態技満載。

Jの男前ベースに真矢の激しく踊るドラムも強烈です。

LUNA SEAは、ボーカルはさておき、各パートが自己主張凄まじくそれぞれ独立して聴けちゃう、それでいて1曲として奇跡的に共存しているというせめぎ合いがむちゃくちゃ格好いいと思うのですが、CIVILIZEでは見事にその特徴が現れていると思います。

シンメトリーにする、というコンセプトを持ち出したSUGIZOが一番の変態だと思いますが、その変態アイディアに乗っかって見事にプレイしてみせちゃう他のメンバーも相当です。

ところで、これが完全にシンメトリーなのかは楽器をやらない僕には分かりません。

でもそういうアイディアに囚われすぎて不自然な曲にしてしまわずに、LUNA SEAらしさで包んで一見普通の曲として提示しちゃう才能には惚れます。

こういう、ちょっと意地悪な人たちが好きだったりします。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です