おもしろ厳選記事入口

信者になるところだったぜ・・・黒木渚の「君が私をダメにする」

アポーの新アプリMUSICが、お前これ好きなんと違うか?とお薦めしてくれた黒木渚。視聴して即買うくらい魅力的でした、が・・・(^ー^;

最高のタイトル、「君が私をダメにする」

PVが公開されていたので、それで試しぎきをしたわけですが、一発でやられてしまいました。
最高じゃんすか。

イントロのカオスなピアノには正直引きましたが、明るくてキャッチーなメロディ、親しみやすいボーカル、適度に意外性のある歌詞、ぶっとび自己主張の強烈なパワフルドラム。

僕が聴いた、youtubeアプリによるJ-POPあるいはロックのトップ20には入っていませんでしたが、断然トップクラスのランクAと判断しました。
カップリング込みで即購入です。
君が私をダメにする
黒木渚
2015/06/10 ¥250

黒木渚がロックだというわけ

この曲はUVERworldがJ-POPではなくてロックであるのと同様に、俄然ロックです。

なぜなら、既存の価値観を受け入れないでむしろぶっ壊しているからです。

曲名にもある、「君が私をダメにする」。

これを、幸せの歌として歌うっていうのが素晴らしいです。

効率よく生きることをよしとされ、幸福の形すら決めつけられているような傾向のある現代において、「君が私をダメにする」と幸せそうに歌う姿はとても輝いて見えます(^ー^)

“大切なものを4つあげる”

なんていう歌詞があります。
こんな風に物事を整理して考えるような、かなりしっかりものの理知的な女性が変わっていくのがこの歌の物語だと思います。

恍惚として「君が私をダメにする」と歌うように変貌したっていう。

使い古された言葉しか使わないで、無難な物語しか歌わない巷のラブソングすべてゴミ箱に捨て去って、この曲一曲だけを残せばいいじゃないか、なんて過激なアイディアが湧くくらいに、僕は感動しました(^ー^)

刹那的?

てな風に、もうぶっちぎりに大好きになりかけた黒木渚ですが、今はもう少し冷静になってたりします(^ー^;

嫌いになったとか、聴くほどでもないとか、そこまでは思っていませんが・・・

やはり、この曲はアイディアは素晴らしいのですが、どこか刹那的であるところがひっかかります。

バカな私は油断する 同化されてゆく

バカな自分、というのはダメになっていくことを止められない自分に対して言っていると思います。

良い歌詞なんですけど、これが最後の方まで変わらずに歌われます。

あれはダメだとかなんだとか、色々縛られていたことこそがバカだった、というところまでは行っていない感じです。
最終的にはそこまで行って欲しかったと僕は思いました。

この歌詞では、ダメになることで幸せを感じている、そのことをどこか冷静に見ている自分というのがまだ残っている感じがするのです。

そこが気になって、ちょっと歌詞とか読み込んでいて、どうかなあと思っていたところ、本人のインタビューにこんなのを発見しました。

このタイプの恋愛は、総じて長続きしないです(笑)。だけど人生で1回こういう経験があるのとないのとではいろんなものの感じ方が変わってくるような。これを知ってると恋愛に対して安定を求める時期に入ったとしても、いろんなタイプの愛を許容できるという感じがします。

情報源: 黒木渚「君が私をダメにする」インタビュー (1/3) – 音楽ナタリー Power Push

僕は、本当にそうかな?と思いました(^ー^;

ダメダメになっていくんだけど、この幸せはなんだろうって気付くことが始まりに思うのです。

恋愛経験ほとんどないせいかもしれないですけどね(^ー^;
もっと突き抜けて、余計な注釈の余地抜きにこの物語をハッピーエンドで終わらせて欲しかったかなーと思います。

余談ですが、僕は今の嫁さんに出会って、はじめて雪の積もったあとは雪で遊ぶ、落ち葉が積もればそれで遊ぶ、なんていうことを知りました。
当時大学生で研究室が忙しかったこともあって、そんな遊びに僕をさそう彼女を邪険にしたり鬱陶しく思ったりしたこともあって、「僕はこの人にダメにされる」なんて心のなかでぼやいていたように思います。

でも今、その人と結婚して子どもも出来て、とても幸せです。長続きしてるんです(^ー^;
遊ぶときは遊ぶ、というメリハリを彼女に教わって、それで自分が何で幸せを感じるのかって知ることが出来たと思っています。

人それぞれだとは思うので、あくまで余談です。

カップリングのクオリティはもう一押しほしい

僕はタイトル曲に感動したのでカップリングも一緒に購入しました。

サビでスロウになる展開が意外な2曲目「エジソン」はなかなかですが、3曲目「レスポール」は「100万円のレスポールをどぶ川に投げ捨てた、これであなたはあたしから目がそらせない」っていうちょっと痛い感じです(^ー^;

「世界はユーモアだらけよ」「石ころになった頭にいかづち」っていうアイディアは見事だと思う一方で、100万円のギターを捨てるっていう発想はただのかまってちゃんにしか見えないっていう(^ー^;

もっと引っかかるのは、4曲目「アンチスーパースター」。
かつて自分を捨てたバンドマンがいて、落ちぶれた彼をステージから見下ろしてピースサインかますという歌詞なのですが・・・

曲は格好いいし、「何がファックだ、何がロックだ」という歌詞も強烈です。

でも、これは僕には未練たらたらな姿に見えました(^ー^;

過去に囚われてる、まだ乗り越えられていない、そんな印象です。

自分を捨てた男に屈辱を与えたいのであれば、たぶんですけど、ステージから見下ろしてピースサインよりも、すれ違ったときかなんかに声をかけられても「は?お前誰?」なんてふうに扱う方が堪えると思うのです。

マジで恋する?

とはいえ、ひとときもの凄くぞっこんになったのも事実なわけで・・・

これからさらに一皮むけた、進化をした場合。

有無を言わさぬ作品を出されたりした場合。

コロリと行ってしまう可能性ありです(^ー^;

 

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です