かしゆかの声ばっか集めると?(ニコ動)

接客で大事にしてるのは、笑顔と声

ドラッグストアでバイトしていてよく思うこと。

笑顔と大きな声は接客の基本ダナー( ^ν^)

客の立場として見た場合

あんまりコミュニケーションが得意じゃない僕にとって接客ってどうやったら良いだろう、というのは仕事の中でも特に大きな悩みです。

客の立場になってコンビニやスーパーに行って思うのは、店員が笑顔だと気持ちいいなーということ。

ちょっとした買い物をしただけでも、レジでおつりをもらうときに店員がにこっとしてると結構良い気分になれます。
すれ違いざまに「いらっしゃいませ」と店員に声をかけられるときも、相手がほほえんでくれてたら悪い気はしないです。

逆に、こういった場面で店員が無表情だったりむすっとしてるとちょっと微妙です。

従業員の立場として見た場合

僕のバイト先にはたくさんのパートさんがいますが、その中でも社員の信頼を受けて責任ある仕事を任されているリーダー格の人が2-3人います。
その人たちをよく見ていると、仕事量だけで無く笑顔も人一倍であることが分かりました。
売り場ですれ違うとき、何か聞きにいったとき、休憩室で雑談するときも含めて基本どんなときも笑顔でした。

一方、僕みたいな大学生が多いアルバイトを見ると、特に男性は無表情な人が多いです。
また、怠そうにため息をつくような人もいたりします。

両者を比べて思うのは、仲間が笑顔でいてくれる方がとても心強く、しんどい日でも頑張る力をもらえる気がするということです。

逆にため息なんかつかれたりしたらこっちもダルくなってくる傾向がありました。

笑顔にプラスアルファ、声の大きさ

そんなわけで、僕は仕事中は意識的に笑顔で居るようにしています。
普段そんなに笑ってばかりでもないので、意識しないとつい無表情になりがちだからです。

僕は昔から声が小さくてよく家族や友人に聞き返されます。
だから仕事中は特に意識的に大きな声で話すようにしています。

仕事中はお客さんからだけでなく、仕事仲間から声をかけられたり作業を依頼されたりしますので、そういうときも大きな声で答えるようにしました。

笑顔と大きな声、この2つを仕事のときは気を付けて実践するようにしています。

自分が良いと思ったことを実践することは気持ちの良いものです。
とりあえず、笑顔を返されることが増えたのは収穫です。

そんなわけで、今日も笑顔で頑張ります!

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です