絵追加記事

サマソニ系アニキ・お姉さまという客層を前にしたPerfumeについて

最高すぎたソニマニのPerfumeライブ。

これが僕にとって、3回目のPerfumeライブですからそこまで深い考察はしようもないのですが、思ったことがあります。

客の乗りがガンガン。

合いの手みたいのはまばらだったりしますが、連発するとみんなノリ良く乗ってやります。

ネットだと、もうサブいとか言われてるP.T.A.コーナーも逆に盛り上がった印象です。

いつもやるコールで、「そうじゃない人」に異様に盛り上がるのも新鮮でした。

そして、Perfumeワンマンではあんまり見られない、素人じゃないっぽいダンスを踊るダンサーみたいな小集団が、会場をさらに盛り上げてくれます。

また、あんまりPerfume知らなさそうな人たちが「チョコレイトディスコ!チョコレイトディスコ!」とか最初は冗談めかして煽っていたのが、凄まじいメドレーを前にして「Perfumeやばいくっそかっけー!!」なんて言いながら盛大にピーピー歓声を上げているのなんて、ワンマンだとあまり見られない光景かも知れません。

「そろそろジャスティス」とか言っていたお兄ちゃんたちが『ポリリズム』のイントロ聞いた瞬間、ひゃっほー!!なんて叫びながら前方に突っ込んでいったりしたのを目撃できたのも良い思い出です。
(逆に、遠慮無く別の会場に抜けていく人たちも当然少なくないのですが、その分前に行けますからラッキーってやつです)

基本、サマソニの前夜祭ですからロックメインで楽しんで来た人たち、ややダンスミュージック寄りって感じでした。

D.A.N.みたいにゆったりぐいぐいみたいなアクトもあり、結構幅広い音楽ファンだったと思います。
余談ですけどD.A.N.のライブも良かったです。

電気のライブはもっとぶっ飛んでて、完全踊るためだけに来たみたいな人たちが、ノンストップミュージックに脱ぎまくって踊り続けていた後方で、ダウンしてコンクリート上にお兄ちゃんたちが寝てるみたいな異常な光景でした(^ー^;

ところで、僕もPerfumeの後でジャスティスとか他の似たような音楽やってるグループのライブを見ましたけど、やっぱりPerfumeはまだまだ異様に珍しい存在だと思いました。

超カッコいいダンスミュージックはこういうフェスだとそこら中にあるものの、それをカワイイ女の子三人の踊りメインで見せるっていうのはかなり独特な光景でした。

ちょっとテレビのイメージとも違うんですよね、ライブのPerfumeって。

運営にもメールしておきましたが、今後もこういうゴリゴリメンツの中に放り込まれたPerfumeは絶対に継続すべきです。

ヌルいJ-POP勢に囲まれていたら気付きにくいですが、Perfumeはガチロック勢に囲まれていても遜色ないくらいにホント格好いいんですよ。

すんげー輝いていました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。