おもしろ厳選記事入口

『アルケミスト』嫌いの僕でも、HUNTER×HUNTERには抗えない

突然ですが、僕はなんとかコエーリョの『アルケミスト』という手抜きの小説が大嫌いです。

手抜きの駄作『アルケミスト』

僕がコエーリョの「アルケミスト」を途中で止めたわけ

『アルケミスト』には作者の「都合」が出過ぎなのです。主張が強いのは良いことだと思いますが、そのために現実を歪曲してしまうのはやりすぎだと僕は思います。

なので、途中で冷めて読むのをやめてしまいました。

確固とした世界が存在するHUNTER×HUNTER

一方、今度連載が再開するというHUNTER×HUNTER、こっちは全然真逆です。

作者も振り回されているように思われる、壮大な「世界」が確固として存在していて、どんだけ休載を繰り返そうと読むのをやめられません。

日本にはこういう素晴らしい創作があるのですから、日本人であるのなら『アルケミスト』なんか紹介するヒマがあればちょっとでもHUNTER×HUNTERについて語るべきなのです。

そんなわけで、今日はHUNTER×HUNTERが読者に突きつける、「これは現実に存在する世界だ」というメッセージを拾ってみます。

試練

割とネタ扱いされることも少なくない、例のクイズについてです。

この問題に対する解答は、ある意味とんちみたいなものでそれこそマンガ的なのですが・・・

重要なのは、このクイズを解いた後に出てくる真の問題です。「沈黙」で終わっていたら、それこそHUNTER×HUNTERは『アルケミスト』と大差ありません。

ストーリーの展開上は、ここでこのクイズは終了、次の試練へと向かえばいいのに、作者はここでほんのちょっとこの話題を引っ張ります。

ここでHUNTER×HUNTERの矜持が語られるのです。

ここでのレオリオの「もういいんだぜ」、それは作者とか編集者の都合的な「もういい」です。

作品世界の、HUNTER×HUNTERのキャラクター達にとっての都合ではありません。

実際に作品世界に生きる人間の言葉が、次に語られます。

神も仏も、作者も編集者も、誰も助けてくれない。

この圧倒的な「現実感」。

だから、HUNTER×HUNTERは読むのをやめられない。

本当に生きている人間たちと、確かな世界がここにはあるからです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です