おもしろ厳選記事入口

この現実がまるで酸っぱいレモンみたいなら

レモネードに変えてしまえ。って誰かが歌ってた2016年が記憶に新しい。

2017年のPerfumeは、それと同じくらいに甘みがある。

レモンについて

ドラマ『パンセ』・・・すごくよかった!!!

特によかったのが、どんちゃん、おかみど、のりぶうの三人がレモンを煮詰めてジャムを作ったり、レモン鍋を作ろうとしていたところ。

レモンってのはすっぱいです。もう、びっくりして顔をしかめてしまうほどに。

まるで現実で直面する色々の辛さや困難に似ています。

それに立ち向かう方法が、”甘くする”です。

なんかそんなストーリー、どっかで聞いたような・・・って思ったら、ビヨンセの『Freedom』に出てくる、アルバムタイトルにもなったコンセプト。

I was served lemons, but I made lemonade.

Freedom (feat. Kendrick Lamar)
Beyoncé
¥ 250

『パンセ』で作ったのは、レモネードではなくてジャム。

すっぱいレモンを、甘いジャムにしてしまおう。

こうすることで、引きこもりのおっさん力丸はちょっとずつ現実に向き合えるようになっていきました。

それがPerfume

なんだ、それってまんまPerfumeじゃん(^ー^;

すっぱいものでも甘くする。

そうやって力をくれるってのはPerfumeと関わっていて常日頃感じることです。

もう、Perfumeとの体験そのまんま、な内容に涙をこらえられるわけがない。

『パンセ』、最高。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です