おもしろ厳選記事入口

P Cubedカウントダウン、お前らのParty Maker

ウ~ン…

悩ましいけども、やっぱりParty Makerはのっちだわ笑

こればっかりは、いくらかしゆか好きな僕であっても。

アルバムLEVEL3は、Perfume史上最高のダンスアルバムなんて言われることがあると思います。

その印象の大部分は、やたら長くてほとんど歌がない笑、でも激アツというこのParty Makerによる部分が非常に大きいのでは?

一方で、ほとんど歌がないうえ歌詞も単純なレッツパーリィなために、満場一致で支持されてたわけでもない‥というのがLEVEL3リリース当時の反応の印象ですが‥今となってはいかがなのでしょう(;・∀・)

ちなみに、僕はよく分かってないEDMというジャンルだとよく言われていますが…似たところだと、こんなの?

どちらも再生回数億超え。

こういうのは、ホント一時期そこら中で流れてましたよね‥

日本でも、セカオワのこれなんかそうですよね?

ヘイ!!(バカにしてないっす、むしろ好きです笑)

激情とド派手な展開を含むエレクトロニックミュージックってところでしょうか。

ここでParty Makerに戻ると…

びっくりするほど、地味(;・∀・)

いや、ドロップと思われるところは最強に熱くてカッコいいんですけど、それ以外の延々と踊るところなんて、かなり朴訥でしょ?

そして歌詞も、単純ですって低く見るような言い方を上でしましたけど、他の売れまくりEDMにありがちなむさ苦しい激情は皆無笑

いや、ドラゲナイの裏テーマ、クリスマス休戦とか好きですけど‥仰々しすぎるところがなくもない。

Party Makerは、もっと原始的で単純に、ただただ踊りを賛える歌であり音楽であるように思えます。

中田さんがEDMムーブメントを冷めて見てた感が露骨に出てると言えそうな…

分からないですけど(;´Д`)

でもPerfumeにはそれで良かったと思います。

おかげで僕らは、Party Makerでは余計な感情に振り回されずに純粋にPerfumeたちを音楽の女神として称えることができるのです。

センターに降り立ったスポットライトを浴びたのっちの美しさときたら‥

かしゆかとあ~ちゃんがセンターを占めるバージョンも見ましたが、のっちで見慣れたせいか、なんかのっちが一番しっくり来ます。

あと最後に。

Your Party Makerッテ言い方、なに?

ノチルダ先生によれば、これは

お前はとんだお祭り野郎だな

ノチルダ先生の講座より

だそうですが、そうすると

You’re Party Makerじゃね?っていう‥(;・∀・)

Your Party Makerって言い方があるんですかね?

以上です。

僕は今でもParty Maker大好きですよ。あの淡々としたパートもフルでやって欲しいくらい笑

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です