おもしろ厳選記事入口

ノエル=ギャラガーには感謝してる、彼は僕に愛の意味を教えてくれた

ノエルには心底感謝してる。僕は彼のおかげでビートルズの『Revolver』に出会ったんだ!(音楽雑誌のインタビュー風)

前段;アンソロジー

中学時代、クラスで調子乗ってる男子が「最近ビートルズにはまってて」なんてまくしたてていました。

『プリーズプリーズミー』とか『キャントバイミーラブ』は最高だ、なんて言いながら。

僕は彼とそんなに親しくしていたわけではなかったのですが、感化されてビートルズを聴こうと思いました。
みんなが話題にしていることを知らないままにすることは怖かったのです。

親に「ビートルズっていいの?」と話したら、両親ともに喜びました。

イイ趣味だ。って。

それで、もらった小遣いでよりによって当時話題になっていた「アンソロジー」を買ってしまいました。

当然こんなデモトラック集みたいなもんでは感動もへったくれもなく、ひどい音の『プリーズプリーズミー』やら『キャントバイミーラブ』を聴いて、なんか聴いたことあるな程度の感想を持ったことくらいしか記憶にありません。

僕は『抱きしめたい』の方が好きだな、とか。

でも、「みんなが知っているほど有名」という事実がなければ、他のを差し置いてまで聴きたいとは思えませんでした。

そんなわけで僕にとってビートルズは一般常識みたいな扱いでした。

恥をかかないために聴く。

良いか悪いかなんて知らないけど取りあえず知っておかないといけなさそうだから知っておいたっていう。

モーニンググローリー

その後、僕はケーブルテレビの番組か何かで知ったoasisの『Moring glory』を買いました。

なんとなく英国に興味があった、程度の理由でしたが、これがハマりました。

ハマりにハマったものです。

ここ数年のPerfumeの比じゃない、ほぼ毎日毎晩、息をするかのように聴きまくりました。

当時の僕の密かな自慢は、『Morning glory』全曲を歌詞カードなしに全部歌えるということでした。

歌詞は全て英語で、当時の僕の英語力は英検4級とか3級とかいうそんなものだったので、当然歌詞の意味なんて分かるはずがない。

でも、歌えました。恐らくは英語としてではなく、純粋な音として聴いて、真似て歌ってました。

『Hello』なんて、歌詞カードなしならスイスイ歌えたのに歌詞カードの英語みたら何故か全然歌えないなんていう訳の分からない事態になっていました。

冷たい指摘

高校に入ったとき、oasisが新アルバムを出したので僕は大騒ぎしていました。

そんなとき、音楽に詳しいある友人が冷たく言ったのです。

「oasisなんてビートルズのパクリじゃん」

僕は唖然としました。

ビートルズ?あんなスッカスカで印象のうすい音楽の、どこにパクる要素がある?

僕はその意見を無視しました。

でも、あんまりoasisを熱く語りまくる日々だったので、ついにその友人が僕に現実を突きつけてきたのです。

マクドナルドでぐだぐだしていたときに、これを聴けとCDウォークマンのイヤホンを僕の耳にぶち込んできました。

エレクトロダンスミュージック

曲は全く知らないものでしたが、ものすごく格好良いと思いました。

激しいリズムでダンスな曲調。

oasisの音楽性とはかけ離れていましたが、何故かボーカルは間違いなくoasisのノエル=ギャラガー。

その曲はchemical brothersのものでした。

ノエルはそこにゲストボーカルとして参加していたのでした。

あまりに格好いい曲に興奮が高まっていく中、友人は突如再生を止めて、CDを入れ替えました。

「で、こっちがビートルズ」

流されたのは『Revolver』の『Tomorrow never knows』。

未だかつて聴いたことのないような、不思議なその曲は、しかし衝撃的なことに、たった今聴いたむちゃくちゃ格好いい曲とうり二つにそっくりなものでした。

今までいくらパクリだと言われても信じられなかったのが、これだけ明確にそっくりだとぐうの音も出ないというやつでした。

そもそもchemicalはoasisじゃないし、なんていうツッコミようもあったかとは思いますが、僕は観念して認めました。

「同じだ」

もっとも、頭の中では突如降臨した斬新で魅惑的な2曲に占領されていて、世界の広がる予感と不安に打ち震えていました。

Revolver

ひとまずはこの『Tomorrow never knows』の入ったアルバム『Revolver』を探し出して購入。

ジャケが格好良すぎてまたビビりました。

Apple Musicでは「ビートルズの創造性の頂点」とまで書かれているこのアルバム。

『アンソロジー』では軽いと思っていた音もクリアでタイトでむしろ格好良く聞こえて、自分の勘違いを恥じました。

このとき、もはや僕にとってビートルズは一般常識としてみんなが知ってるから聴くなんていうどうでもいい存在ではなく、驚異的な才能と実力を持った怪物アーティストでした。

『Revolver』の曲は、そのほとんどが衝撃的。

『Eleanor Rigby』のイントロなんてまともな精神で聴くことが出来ません。
なんでこんな曲を作ることが出来るのか!

一瞬だけ空気が緩む「イエローサブマリン」が入ってなかったら、むしろ息が出来なくて失神してしまうんじゃないかってほどの強烈なインパクト目白押しでした。

そしてそんなとてつもないアルバムの最後に鎮座するのが、例の『Tomorrow never knows』。
もはやギャグじゃないかこれは。笑うしか無い。

哲学の世界では、自分以外の人間が存在することを厳密に証明することは出来ないとされています。

ラッセルの本でも、「そうはいっても、存在しないとする方が合理的だという理由もない」という便宜的な立場で他者の存在を認めることとしていました。

もし自分以外の人間が存在しない気がするというのであれば、アルバム『Revolver』を聴けば良いと僕は今でも思います。

自分でない誰かを想定しないわけにはいかないくらいに、このアルバムはぶっ飛んでいます。

親父「サージェントペパーズ」

さて、僕は心からのビートルズファンとなったわけですが、そのことを最初に報告した相手は父でした。

「リボルバーがすごすぎて笑うしかない」

と、その感動を言いました。

父の反応はにぶく、ジャケを見せたらああそれか、みたいな軽いものでした。

お父さんはビートルズでどのアルバムがおすすめ?と聞いたところ、何をさしおいても「サージェントペパーズ」だと言いました。
史上初のコンセプトアルバムで、ビートルズで一番有名なアルバムだ、と。

母はもっと反応が薄く、アルバムで言われても分からないというそっけない答えでした。

しかし僕は、「サージェントペパーズ」を聞いて思いました。

別にサージェントペパーズが悪いわけではありませんし面白いアルバムだと思います。

でも、人生観が変わってしまうくらいの衝撃はない。

父に聞くと、「サージェントペパーズ」のエピソードはたくさん知っていましたが曲に関する記憶はほとんどないようでした。

ああ、お父さんは「ホントにビートルズが好き」なわけじゃないんだな。
教養として知っているだけなんだな、と思いました。

社会人としてはこれからも模範とするだろうけれども、音楽を語りあう友ではない大人もいるってことでしょう。

たいへん勉強になりました。

感謝するぜノエル

そんな風に社会を知り大人を知り、自意識みたいのも考えるようになりました。

きっかけをくれたのは、ノエルです(正確にはchemicalですしもっと言うと無理矢理聞かせてきた友人ですが、ノエルなしにchemicalは知り得なかったと思います)。

彼が『Setting sun』でビートルズの音楽が現代でも通用し、しかも先取りしていたことを教えてくれました。

ノエルは心からビートルズを愛してるんだと思います。

深く愛することは深く理解することだという愛の意味をも、ノエルは僕に教えてくれた気がしています。

感謝してるぜ、ノエル。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です