かしゆかの声ばっか集めると?(ニコ動)

おかしな警察

昨日夜遅くバイト帰り、変な警察を目撃しました。

不可解な行動

昨日は夜勤でしたので、帰りが非常に遅くなりました。

駅から家が若干遠く、自転車で15分くらい走ります。途中はほとんど住宅街や公園なので、夜になるととても静かな道でクルマもあまり走っていません。

いつもなら特に何もなく家に着くだけでしたが、昨日は途中で警察に会いました。 帰路のなかでは比較的大きめの交差点の、歩道上の角に自転車を止めて一人でうつむいていました。

彼の位置は明らかに通行の邪魔をするポジション。
てっきりライト点灯の有無とか窃盗品じゃないかどうかとかをチェックしているよくいる警察かと思いました。

が、僕がいくら近づいても警察はうつむいたまま。 ブレーキをかけて「キキーッ」とならすとようやく顔を上げて、自転車を脇に寄せました。

僕はそれで、その警察の横を抜けて通り過ぎたのですが、 すれ違いざま、彼がうつむいて見ていたのが地図だったことが分かりました。

ハンディサイズの地図を広げて街灯の薄明かりの下で見ていたのです。

深まる謎

家に帰って手洗いうがいなどをしながら、あの警察はなんだったんだろう…と考えました。

特に用もなく警察が道で通行の邪魔をしているなんて、まずそこが驚きです。

僕みたいななんてことない一般人でも、交差点で止まったりするときは自分が経路の邪魔になっていないか周囲を見回して、邪魔にならないよう脇によったりします。
こんなことくらい僕に限らず小学生でもしていることだと思います。

次に気になるのが、うつむいてじっと地図を見ていたことです。

まさかとは思いますが、道に迷ってしまったのでしょうか?深夜で暗いとはいえ、そんなに入り組んでいるわけでもない一般的な住宅街でだというのに…

少しでもこの地域を分かっていたら、地図でここがどこかはじっと目をこらさずともすぐわかるはず。

もう一つ、彼は街灯のほのかな灯りを頼りに地図を見ていました。 これはどうしてでしょうか。

警察ならヘッドライトとか手持ちの懐中電灯くらい持ってるものではないでしょうか?

考えれば考えるほど、おかしなことだらけの警察でした。

問題点

いくら考えても、なんで彼があんなことをしていたのかは分かりません。
言えることは、警察の制服を着ていたら、人はその人を「警察という公的な組織の一部と見なす」という自覚くらい持つべきということです。

夜中に道を通せんぼして、暗がりで街灯しか頼る物がないみたいな無様な姿をさらすことが、自分の属する組織や仲間達の名を多少なりとも汚しうるという可能性を考慮してもいい気がします。

擁護しうる点

警察というのが難しい仕事であることも、また事実です。

何かしら今回の不可解な事態がやむをえなかったと言いうる背景が無かったと言い切ることはできません。

そして、今回僕は変な警察を見たのでこうして記事を書きましたが、普通に日々の安全を守っている警察に注目することなんてほとんど無いです。
頑張ってるところには目を向けないくせに、問題があるとぎゃーぎゃー騒がれるっていうのは、ちょっとかわいそうな気もします。

そんなわけで、しっかり警察してる人を見たら、もうちょっと感謝してもいいのかなって思いました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です